TAS-MX6とTAS-X6の違いを比較!おすすめはどっち?東芝ラクーエス衣類スチーマー

生活家電

TAS-MX6とTAS-X6の違いを比較!おすすめはどっち?をお届けします。

TAS-MX6とTAS-X6は、東芝ラクーエス衣類スチーマーです。
TAS-MX6が2022年2022年12月、TAS-X6が2021年11月の発売です。

TAS-MX6とTAS-X6の違いが気になりますが、違いは次の点です。

・TAS-X6の方が水タンクの容量とスチーム量が多い
・TAS-X6の方がスチーム持続時間が長い
・TAS-X6の方がスチーム使用可能範囲が広い
・温度調節は、TAS-X6は3段階、TAS-MX6は1段階、
・TAS-X6は、オートパワーオフ機能付き
・TAS-MX6の方が若干コンパクト

2022年モデルのTAS-MX6は、若干コンパクトにはなっていますが、何と機能面では2021年モデルのTAS-X6の方が優れています。

ということで、価格も安い、旧モデルの2021年モデルのTAS-X6の方がおすすめですね。

詳しくは本文で説明しますが、この記事では次のことをまとめています。

・TAS-MX6とTAS-X6の違いを比較
・TAS-MX6とTAS-X6でおすすめはどっち
・TAS-MX6とTAS-X6の共通の機能と特長

TAS-MX6(2022年モデル)はこちらからチェック(色は1色)

TAS-X6(2021年モデル)はこちらからチェック(色は2色)


東芝|TOSHIBA 衣類スチーマー グレー TAS-X6-H [ハンガーショット機能付き]

TAS-MX6とTAS-X6の違いを比較

TAS-MX6とTAS-X6の違いは次の点です。

・水タンクの容量とスチーム量の違い
・スチーム持続時間の違い
・スチーム使用可能範囲の違い
・温度調節段階の違い
・オートパワーオフ機能の有無
・大きさの違い

それぞれ説明しますね。

水タンクの容量とスチーム量の違い

水タンクの容量次のようになっています。

TAS-MX6(2022年モデル):約70mL
TAS-X6(2021年モデル) :約115ml

TAS-X6(2021年モデル)は、TAS-MX6(2022年モデル)の倍近くの容量がありますね。

TAS-X6(2021年モデル)の方が水タンク容量が大きいので、1分間に出せるスチームの量も、TAS-X6の方が多くなっています。

TAS-MX6(2022年モデル):約11g/分 (コードレス時)
TAS-X6(2021年モデル) :約14g/分 (コードレス時)

スチーム持続時間の違い

TAS-X6(2021年モデル)の方が水タンク容量が大きいので、スチームもより長く使えるようになっています!

TAS-MX6:約40秒間 (コードレス時)
TAS-X6:約2分 (コードレス時)

スチーム使用可能範囲の違い

TAS-MX6・TAS-X6ともに本体を傾けてもスチームが使えるのが便利です。
但し、傾け角度にはそれぞれ制限があります。

TAS-MX6:左右70°、合計140°

TAS-X6:左右120°、合計240°

TAS-X6の方が、本体の傾け角度が大きいので、スチームが使える範囲も広くなっています。

大きさの違い

長さ×幅×高さは次のようになっています。

TAS-MX6:176×71×120(mm)
TAS-X6:179×71×130(mm)

TAS-MX6の方が1cmほど高さが低くなっていますが、長さと幅はほぼ変わらないので、大きさの違いはあまり感じないかもしれません。

温度調節段階の違い

温度の調節機能にも、違いがあります。

TAS-MX6:1段階 (中温のみ)
TAS-X6:3段階 (高・中・低)

TAS-MX6は、中温のみの1段階の設定です。

TAS-X6の方は高・中・低の3段階から選べます。
温度切換えの使い方の目安は次のようになっています。

TAS-X6の3段階あった方が、色々な生地に適した対応ができるのでいいですね。

オートパワーオフ機能の有無

2021年モデルのTAS-X6は、オートパワーオフ機能付き

電源を切り忘れて置き台に置きっぱなしに場合、10分後に自動で電源が切れるようになっています。

忙しい朝など、ついつい電源を切り忘れてしまうこともありますよね。

でも、TAS-X6なら自動で電源が切れるので、万が一の場合でも安心です!

TAS-MX6(2022年モデル)はこちらからチェック(色は1色)

TAS-X6(2021年モデル)はこちらからチェック(色は2色)


東芝|TOSHIBA 衣類スチーマー グレー TAS-X6-H [ハンガーショット機能付き]

TAS-MX6とTAS-X6でおすすめはどっち

TAS-MX6とTAS-X6の違いでわかるように、機能面では旧モデルの2021年モデルのTAS-X6の方が優れています。

さらに価格も安いので、2021年モデルのTAS-X6の方が断然おすすめですね。

但し、2021年モデルのTAS-X6は在庫流通分だけだと思うので、今後価格が上昇する可能性があります。
お早めのご購入をおすすめします。

TAS-X6(2021年モデル)はこちらからチェック(色は2色)


東芝|TOSHIBA 衣類スチーマー グレー TAS-X6-H [ハンガーショット機能付き]

 

TAS-MX6とTAS-X6の共通の機能と特長

ここからは、TAS-MX6とTAS-X6共通の機能や特長をご紹介します。

コードレスでもコード付きでも使える

TAS-MX6とTAS-X6は、どちらのモデルも、コードレスでもコード付きでも使える2way。

出かける前に、ササっとシワを伸ばしたいときや、薄手の衣類にはコードレスで。

セーターやジャケットなどの厚手の衣類や、じっくりシワを伸ばしたいときはコード付きで。

目的や、衣類の布地の種類に合わせて、コードレスでもコード付きでも使えるのは、便利ですね!

衣類スチーマーとしてもアイロンとしても使える

衣類スチーマーとしてもアイロンとしても使えて便利です。

しっかりプレスしたいときは、アイロンとして使えます。

シルバーセラミックコートされたかけ面はすべりが良く軽いかけ心地なので、ストレスがないです。
アイロンの先端が少し尖った形になっているので、ボタンまわりなどの細かい部分のシワも伸ばしやすいです。

斜め下向きでもスチーム噴射

本体が斜め下に傾いていても、スチームを噴射できます。

本体を傾けても、水が漏れにくい設計になっているので、便利です。

但し、傾けられる角度の制限はあります。

 

連続スチームとパワフルスチームショット

スチームはワンプッシュで連続噴射

ハンドルについているスチーム噴射ボタンを1回押すだけで、連続でスチームが噴射されます。
何度も押す必要がないので、手が疲れずラクにスチームが使えます。

さらにがんこなシワには、パワフルなスチームが噴出できるパワフルスチームショット機能があります。

排水も簡単

排水は、フタを外すだけで簡単にできます。

TAS-MX6(2022年モデル)はこちらからチェック(色は1色)

TAS-X6(2021年モデル)はこちらからチェック(色は2色)


TAS-MX6とTAS-X6の違いを比較!おすすめはどっち?のまとめ

TAS-MX6とTAS-X6の違いを比較!おすすめはどっち?をお届けしました。

TAS-MX6とTAS-X6の違いは次の点です。

・TAS-X6の方が水タンクの容量とスチーム量が多い
・TAS-X6の方がスチーム持続時間が長い
・TAS-X6の方がスチーム使用可能範囲が広い
・温度調節は、TAS-X6は3段階、TAS-MX6は1段階、
・TAS-X6は、オートパワーオフ機能付き
・TAS-MX6の方が若干コンパクト

2022年モデルのTAS-MX6は、若干コンパクトにはなっていますが、機能面では2021年モデルのTAS-X6の方が優れています。

ということで、価格も安い、旧モデルの2021年モデルのTAS-X6の方がおすすめです。

TAS-X6(2021年モデル)はこちらからチェック(色は2色)


コメント

タイトルとURLをコピーしました