DT8261J0とDT8100J0の違いを比較!おすすめはどっち?ティファール衣類スチーマー

生活家電

DT8261J0とDT8100J0の違いを比較!おすすめはどっち?をお届けします。

DT8261J0とDT8100J0は、ティファール衣類スチーマー。
DT8261J0が2022年、DT8100J0が2018年の発売です。

DT8261J0とDT8100J0の違いは次の点です。

・DT8261J0(2022年モデル)はスチーム力が向上
・DT8261J0(2022年モデル)は立ち上がり時間が15秒短縮
・DT8261J0(2022年モデル)は約60g軽量化
・DT8261J0(2022年モデル)は自動電源オフ機能を搭載

多少高くても、性能がアップしたDT8261J0(2022年モデル)の方がおすすめですね。

この記事では次のことをまとめています。

・DT8261J0とDT8100J0の違いを比較
・DT8261J0とDT8100J0でおすすめはどっち
・DT8261J0とDT8100J0の共通の機能と特長

DT8261J0(2022年モデル)はこちら

created by Rinker
¥9,545 (2022/12/05 17:31:20時点 楽天市場調べ-詳細)

▼DT8100J0(2018年モデル)はこちら

DT8261J0とDT8100J0の違いを比較

DT8261J0とDT8100J0の違いは次の点です。

・DT8261J0(2022年モデル)はスチーム力が向上
・DT8261J0(2022年モデル)は立ち上がり時間が15秒短縮
・DT8261J0(2022年モデル)は約60g軽量化
・DT8261J0(2022年モデル)は自動電源オフ機能を搭載

それぞれ詳しく説明します。

DT8261J0(2022年モデル)はスチーム力が向上

DT8261J0(2022年モデル)は、2018年のDT8100J0に比べてスチーム力が1分間に平均3gアップしています。

そのため、さらに短時間で衣類のシワが伸ばせるようになっています。

また、ターボボタンを長押しして、通常の約3倍量のスチームを約2秒噴射できる、「瞬間3倍パワフルスチーム機能」も搭載しているので、とても便利になっています。

スチーム量は多いに越したことはありません。

DT8261J0(2022年モデル)は立ち上がり時間が15秒短縮

DT8261J0もDT8100J0も立ち上がりが早いのが魅力ですが、DT8261J0(2022年モデル)は
さらに速くなっています。

DT8261J0(2022年モデル):立ち上がりまで25秒
DT8100J0(2018年モデル):立ち上がりまで40秒

立ち上がりは少しでも速いほうが、使うときのストレスが少ないです。

DT8261J0(2022年モデル)は約60g軽量化

スチーム力が上がると、本体が重くなったりしますが、DT8261J0(2022年モデル)は、タンクの容量は同じままで、本体の重量が約60gも軽くなっています。

DT8261J0(2022年モデル):1,160g
DT8100J0(2018年モデル):1,220g

本体は、軽いに越したことはないので、60g軽量化はとても嬉しいですね。

DT8261J0(2022年モデル)は自動電源オフ機能を搭載

DT8261J0(2022年モデル)に新たに搭載されたのが、自動電源オフ機能です。

約5分間操作がないと、自動的に電源がオフになる設定です。

スチーマーとかアイロンとか、うっかりつけっぱなしということはよくあるので、自動電源オフ機能はあった方が安心できますね。

DT8261J0(2022年モデル)はこちら

created by Rinker
¥9,545 (2022/12/05 17:31:20時点 楽天市場調べ-詳細)

▼DT8100J0(2018年モデル)はこちら

DT8261J0とDT8100J0でおすすめはどっち

DT8261J0とDT8100J0の違いを説明しましたが、DT8261J0(2022年モデル)は、スチーム量が増えて、立ち上がり時間が短縮、本体の重さも軽くなり、自動電源オフ機能もついたので、断然DT8261J0(2022年モデル)がおすすめです。

DT8100J0(2018年モデル)より多少価格は高くなりますが、それだけの性能と機能アップはしているので損はないと思います。

DT8261J0(2022年モデル)はこちら

created by Rinker
¥9,545 (2022/12/05 17:31:20時点 楽天市場調べ-詳細)

▼DT8100J0(2018年モデル)はこちら

DT8261J0とDT8100J0の共通の機能と特長

ここからは、DT8261J0とDT8100J0の共通の機能と特長を紹介します。

大量のスチームで衣類ケア

DT8261J0とDT8100J0は、どちらも大量のスチーム力があります。

パワフルなスチームで、シワをきれいに伸ばします。

また、頑固なシワをとる「ターボモード」、
シルクなど繊細な素材に使える「デリケートモード」の2つのモードが搭載されてます。

コットンやシルクなど、布地に合わせたケアができるのもいいところです。

99%以上のウィルス除去・除菌効果

高温のスチームで衣類のケアをすると、99%以上の高い除菌効果があります。

薬品を使わず、水を使った高温スチームなので、小さなお子さんやペットがいるご家庭でも安心した除菌効果が得られますね。

脱臭効果

高温スチームは、除菌効果だけでなく、タバコや汗など、衣類の気になる匂いの脱臭効果もあります。

さらに、衣類だけでなく、ソファーやカーテンなどの日頃洗えない布製品にも、脱臭効果が使えるのは嬉しいです。

大容量の水タンク

タンクは、大容量の185ml。

タンクは取り外せるので簡単に給水でき、1度の給水で長く使用できます。

また使ってるときに、誤ってタンクが外れない、安全設計になっています。

ハンガーにかけたまま使える

衣類をハンガーにかけたままサッとスチームでしわ伸ばしができます。

アイロン台がなくても、気軽にしわ伸ばしができるのが嬉しいですね。

DT8261J0(2022年モデル)はこちら

created by Rinker
¥9,545 (2022/12/05 17:31:20時点 楽天市場調べ-詳細)

▼DT8100J0(2018年モデル)はこちら

DT8261J0とDT8100J0の違いを比較!おすすめはどっち?のまとめ

DT8261J0とDT8100J0の違いを比較!おすすめはどっち?をお届けしました。

DT8261J0(2022年モデル)とDT8100J0(2018年モデル)の違いは次の点です。

・DT8261J0(2022年モデル)はスチーム力が向上
・DT8261J0(2022年モデル)は立ち上がり時間が15秒短縮
・DT8261J0(2022年モデル)は約60g軽量化
・DT8261J0(2022年モデル)は自動電源オフ機能を搭載

DT8261J0(2022年モデル)は、スチーム量が増えて、立ち上がり時間が短縮、本体の重さも軽くなり、自動電源オフ機能もついたので、断然DT8261J0(2022年モデル)がおすすめです。

DT8261J0(2022年モデル)はこちら

created by Rinker
¥9,545 (2022/12/05 17:31:20時点 楽天市場調べ-詳細)

▼DT8100J0(2018年モデル)はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました