MC-SB33JとMC-SB32Jの違いを比較!おすすめはどっち?パナソニックコードレススティック掃除機

生活家電

MC-SB33JとMC-SB32Jの違いを比較!おすすめはどっち?をお届けします。

MC-SB33JとMC-SB32Jは、パナソニックのコードレススティック掃除機です。
MC-SB33Jが2022年11月、MC-SB32Jは2021年10月の発売です。

MC-SB33JとMC-SB32Jの違いが気になりますが、違いは次の点です。

重さ      :MC-SB33Jの方が軽い
ノズル   :MC-SB33Jは、左右にも動く
グリップ:MC-SB33Jは手元に重さが感じにくい設計
運転音   :MC-SB33Jの方が静か
大きさ   :MC-SB33Jの方がコンパクト

以上のように、2022年モデルのMC-SB33Jの方が使いやすくなっているので、おすすめです。

詳しくは本文で説明しますが、この記事では次のことをまとめています。

MC-SB33JとMC-SB32Jの違いを比較
MC-SB33JとMC-SB32Jでおすすめはどっち
MC-SB33JとMC-SB32Jの共通の機能と特長

MC-SB33J(2022年モデル)はこちらからチェック


 

MC-SB32J(2021年モデル)はこちらからチェック


Panasonic(パナソニック) コードレススティック掃除機 パワーコードレス MC-SB32J-H グレー

MC-SB33JとMC-SB32Jの違いを比較

MC-SB33JとMC-SB32Jの違いは次の点です。

・重さ
・ノズル
・グリップ
・運転音
・大きさ

それぞれ説明しますね。

重さ

MC-SB33JとMC-SB32Jどちらも2kg以下なので、とっても軽いです。
でもさらに、MC-SB32J(2022年モデル)は、次のようにMC-SB32J(2021年モデル)より、300gも軽いです。

MC-SB33J(2022年モデル):1.3kg
MC-SB32J(2021年モデル):1.6kg
※どちらもスティック時の重さです。

300gは、小さいペットボトル1本分くらいですが、より軽い方が取り回ししやすいですね。

ノズル

掃除機のノズルは、ふつう前後には動きますが、左右には動かないですよね。

でも、MC-SB33J(2022年モデル)は、 ローラーの配置やノズルの形を工夫したことで、ノズルの動きが進化しています。

ノズル裏の写真:新製品はローラーを斜めに配置

前後左右にスムーズに動くようになり、操作性がとてもよくなり、家具の脚まわりもスイスイかけられます。

これは画期的ですね。

とても掃除しやすいと思います。

負担が少なく使いやすいハンドル

MC-SB33J(2022年モデル)は、人間工学に基づいたハンドルの角度や形と、本体重心のバランスが工夫されていて、ハンドルに重さが感じにくい設計になっています。

手元の負担が少なく使いやすい ハンドル・本体形状

より取り回しがしやすくなっていますね。

運転音

掃除機は運転音が気になりますよね。

MC-SB33J(2022年モデル)では、MC-SB32J(2021年モデル)より運転音が抑えられています。

MC-SB33J(2022年モデル):約63~69dB
MC-SB32J(2021年モデル):約65~75dB

MC-SB33J(2022年モデル)は最強でも、70db以下に抑えられているので、静かな方だと思います。

大きさ

大きさも、MC-SB33J(2022年モデル)の方が次のようにやや小さく、コンパクトになっています。

MC-SB33J(2022年モデル):幅220×奥行き168×高さ1093
MC-SB32J(2021年モデル):幅220×奥行き182×高さ1106

重さもMC-SB33J(2022年モデル)の方が軽いので、コンパクトでラクにお掃除ができますね。

MC-SB33J(2022年モデル)はこちらからチェック


 

MC-SB32J(2021年モデル)はこちらからチェック


Panasonic(パナソニック) コードレススティック掃除機 パワーコードレス MC-SB32J-H グレー

MC-SB33JとMC-SB32Jでおすすめはどっち

MC-SB33J(2022年モデル)は、・重さ・ノズル・ハンドル・運転音・大きさで、MC-SB32J (2021年モデル)より上回った仕様になっています。
予算があれば、MC-SB33J(2022年モデル)の方がおすすめです。

MC-SB33J(2022年モデル)はこちらからチェック


 

出来るだけ予算は抑えたい、吸引力が同じなら、重さ・ノズル・グリップ・運転音・大きさの改良がない旧モデルでもいい方は、MC-SB32J (2021年モデル)がおすすめです。

MC-SB32J(2021年モデル)はこちらからチェック


Panasonic(パナソニック) コードレススティック掃除機 パワーコードレス MC-SB32J-H グレー

 

MC-SB33JとMC-SB32Jの共通の機能と特長

ここからは、MC-SB33JとMC-SB32Jの共通の機能と特長を紹介します。

MC-SB33JもMC-SB32Jも、サイクロン式の掃除機です。

サイクロン式掃除機は、吸引力が落ちないのがメリット。
また、紙パックがいらないので、その分のコストがかからないのが嬉しいですね。

さらに、MC-SB33JとMC-SB32Jどちらもコードレスのスティックタイプなので、コードが絡むわずらわしさや、コードの届く範囲を気にすることなく、家中どこでも気軽に掃除できるので、たいへん便利です。

パワフルな小型モーターと軽いボディ

MC-SB33JとMC-SB32Jの魅力の一つは、軽量ながら吸引仕事率100Wの強力な吸引パワーです。

これは小型ながら、最適な回転数でハイパワーを実現する「小型モーター」を搭載しているためです。
掃除機本体の写真:小型モーター内蔵
スティックタイプは、吸引仕事率50~100Wくらいあれば十分な吸引力を実感できます。
強力な吸引力と軽いボディで、手軽にしっかり掃除できますね。

フル充電で連続で掃除ができる長さは、

・HIGH:約6分
・ON:約15分、付属ノズル仕様で約30分。

2つ毛先の違うブラシであらゆるゴミをキャッチ

1つのブラシに2つの違った形状の毛先を採用し、フローリング・じゅうたんの奥・たたみなどあらゆる場所のゴミを逃さずキャッチできるようになっていま
す。

壁ぎわ集じん

壁ぎわのゴミまでスッキリ吸い込む「壁ぎわ集じん」が搭載されています。

ノズルの前方部が薄くなっているので、ブラシが壁ぎわまで届き、壁ぎわのゴミもしっかり集じんします。

ハンディクリーナーとしても使える

どちらのモデルも、延長管部分を外せばハンディクリーナーとしても使えます。

ソファ・ベッド・机の上・車の中など、普通の掃除機では掃除しにくい部分も、ハンディクリーナーなら簡単にお掃除できて便利ですね。

ハンディクリーナーとしても使える

お手入れ簡単

お手入れも簡単です。
ダストカップは簡単に取り外しができ、まるごと水洗いができます。

ダストカップが丸ごと水洗いできるのは、お手入れ簡単で便利です。

MC-SB33J(2022年モデル)はこちらからチェック


 

MC-SB32J(2021年モデル)はこちらからチェック


Panasonic(パナソニック) コードレススティック掃除機 パワーコードレス MC-SB32J-H グレー

MC-SB33JとMC-SB32Jの違いを比較!おすすめはどっち?のまとめ

MC-SB33JとMC-SB32Jの違いは次の点です。

重さ      :MC-SB33Jの方が軽い
ノズル   :MC-SB33Jは、左右にも動く
ハンドル:MC-SB33Jは手元に重さが感じにくい設計
運転音   :MC-SB33Jの方が静か
大きさ   :MC-SB33Jの方がコンパクト

MC-SB33J(2022年モデル)は、・重さ・ノズル・グリップ・運転音・大きさで、MC-SB32J (2021年モデル)より上回った仕様になっています。
予算があれば、MC-SB33J(2022年モデル)の方がおすすめです。

出来るだけ予算は抑えたい、吸引力が同じなら、重さ・ノズル・グリップ・運転音・大きさの改良がない旧モデルでもいい方は、MC-SB32J (2021年モデル)がおすすめです。

MC-SB33J(2022年モデル)はこちらからチェック


 

MC-SB32J(2021年モデル)はこちらからチェック


Panasonic(パナソニック) コードレススティック掃除機 パワーコードレス MC-SB32J-H グレー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました